取引関係の出費を必要経費にして節税しよう

FX取引を法人口座で行った場合には節税効果を期待することもできます。その最たる事の一つに「FX運用に関わる出費を必要経費として計上可能」な点です。

FX取引で資産運用されている方は個人口座や法人口座に関わらず、多かれ少なかれ様々な経費を使っているはずです。

一般的な例として
・FX取引用のパソコンやソフト
・FX関連書籍
・FXセミナー
・事務用品
・文房具
・etc

必要経費で落とせる効果は大きい

ざっと考えただけでも結構な金額の経費を使っているものです。これらの経費は個人口座での取引では必要経費としての計上は難しいのですが、法人口座では必要経費として計上する事が可能です。

また、インターネット接続料や電話代なども全額ではありませんが、FX取引の経費として認められる場合もあり、積み重ねていくとかなりの金額を経費で落とすことも可能になります。

法人口座ならば、FX取引での利益からこれらの必要経費を差し引いた額しか課税対象となりません。税制的な優遇と合わせて、FX法人化は節税対策にもかなり効果的と考えることが出来ます。