レバレッジ規制について学ぶ

FX取引(為替証拠金取引)が一般的に認知され出して数年がたちました。その間、サブプライムローン問題に端を発するリーマンショックや世界的な金融危機など為替相場の急騰・暴落が繰り返され、多くの損失を出した個人投資家もいるようです。

そこで、金融庁では個人投資家保護の名目でレバレッジを2010年8月より50倍へ、2011年8月より25倍へと規制する事が決定されました。この決定に対しては保護対象であるはずの個人投資家からも多くの反対意見がありましたが、すでに2011年8月にレバレッジ25倍規制が実施されています。

レバレッジ規制とFX業者選び

規制への賛成反対はともかくとして、現実問題すでに規制が行われています。規制によってFX業者も生き残りを掛けたサービス戦争が激しく行われているようです。

ところで、レバレッジ規制の対象外のFX取引サービスが存在するのはご存知でしょうか?それはまず第一に海外のFX業者です。そして、もうひとつの選択肢が国内FX業者の法人口座となります。

海外のFX口座を開設することに抵抗がある方も多いようですが、法人口座ならばどうでしょうか?法人口座は日本国内のFX業者が提供するFXサービスの一種で、レバレッジ規制が決定されてからは各社で力を入れ始めています。

法人口座ならば、現在でもレバレッジ400倍を提供する業者も存在します。もちろん相応のリスクはありますが、適切な運用をすればレバレッジは高ければ高いほどかえって安心と言う考えの方も多いでしょう。

そもそも数年前まではレバレッジ100倍以上のFX業者の方が多かった位なのですから、そのような方が多いのは当然かも知れません。さらには法人口座の方が、税制面などで有利な点などもあり、これからのFX業者選びの選択肢として大いに期待できそうです。