給与所得控除で節税

FX口座を法人化すると税金面で有利になる様々なメリットがあります。その一つとして大きいのが給与所得控除が使える点です。

法人化した場合には御自身を会社代表とする場合がほとんどでしょうが、FX取引で得た利益をその会社代表者に対する給与として支給する形にすれば、大きな節税効果が見込めます。


FXでの利益が150万円であった場合に、全額を会社代表者(自分)への給与とします。150万円のうち、60万円が給与所得控除の対象となります。

つまり、上記のようなケースの場合には実際に課税の対象となるのは90万円と言う事になりますね。

実際には利益の額やFX取引以外での収入の有無、計上した経費などにより色々変わってきます。また、法人特有の税金なども必要ですが、ここではそれらを省略して説明してみました。

取引量が多いトレーダーほど節税手段を活用しよう

給与所得控除の率は収入の大きさにより少なくなっていきますが、逆に控除される金額は大きくなります。ですので、FX取引量が多い方には、この制度を活用するかしないかがより大きな差となります。

このような方法は個人取引口座では使えない節税手段です。法人化によるこの他の税制優遇と合わせれば、最終的な税金の負担をかなり減らせるのでぜひ利用してみましょう。